コンテンツへ

心停止からより多くの命を救う

救命の連鎖

救命の連鎖の輪の1つは弱いけれど

救命の連鎖の1つに弱い部分があるだけで、著しく生存の可能性が低下します。心停止からの生存率は低いものです。許容できないほど低いです。平均生存率は10%未満です。しかし、一部の地域では生存率はほぼ30%です。 

私たちが分かっていること

何十年もの間、心停止からの生存率は向上しませんでした。なぜでしょう?それは、生存率を向上するためにできることを学んでいなかったからです。 今や、私たちは知っています。いくつかの場所では、この知識に基づいて変化を起こし、有望な結果を行っています。ベストプラクティスを実施し、救命の連鎖を強化するためのプログラムを支援することにより、弊社は、心停止からの生存率は、50%にまで向上することが可能であると信じています。 

最も大きな影響を与える

生存率は、異なる程度で貢献する命の鎖の各リンクにより向上することができることがわかっています。心停止後の最初の数秒は、電話を掛ける人と通信指令係のネットワークが4つの因子によって生存率を向上することができます。次の1時間は、質の高いCPRのEMS実施が3つの因子により貢献することができ、続く数日では病院での蘇生後ケアが2つの因子により貢献します。合計で、心停止からの生存率の増加の機会は24倍になります。

ここ数十年では、鎖の最後の2つのリンクであるEMSと病院でのケアに焦点が置かれています。しかし、私たちは、より早期に措置をすることによって生存率は劇的に改善することを学んでいます。心停止に対する早期の除細動器およびバイスタンダーによる通信指令係に補助されたCPRのより良い実施により、生存率に対して最も素晴らしい影響を与えています。

A carefully targeted CPR training curriculum that included real-time audiovisual feedback helped our EMS system significantly improve survival from cardiac arrest in just 18 months.

Bentley Bobrow, MD, FACEP of The University of Arizona College of Medicine

電話によるCPR

ディスパッチャー(通信指令員)は、救命の連鎖の最初の関連性において重要な意味を持ちます。電話によるCPR(T-CPR)は、ディスパッチャーによる補助CPRとしても知られており、ディスパッチャーと居合わせた人の間のコミュニケーションを最適にします。T-CPRによるディスパッチャーは、心停止を認識、特定するようトレーニングされており、居合わせた人に、ハイパフォーマンスCPRを開始および実施するよう指示します。T-CPRは、CPRを開始する居合わせた人の数を増やし、CPR実施の質を向上します。 

多くの救急指令センターには手順を設置していますが、T-CPRを提供することはできません。ディスパッチャーにT-CPRプログラムを実施し、継続中の品質保証を提供することは、心停止からの生存率向上にとって必須のステップです。

レーダルはどのように支援できるか

救命の連鎖を強化することは、救命への貢献という弊社のミッションをより押し勧める最も重要で影響力のある方法の1つです。広く普及した居合わせた人によるCPR訓練の実施の支援から、ファーストレスポンダーのためにハイパフォーマンスCPRを促進することまで、当社のソリューションは、心停止からの生存率向上のために設計されています。